忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 16:53 】 |
有限会社建築計画環境問題研究所 解散公告

※ 平成25年7月1日 官報 (号外第141号) から引用

解散公告
当社は、平成25年6月28日開催の株主総会の決議により解散いたしましたので、当社に債権を有する方は、本公告掲載の翌日から2箇月以内にお申し出下さい。
なお、右期間内にお申し出がないときは清算から除斥します。

平成25年7月1日
東京都港区芝大門1丁目11番2-303号
有限会社建築計画環境問題研究所
清算人 望月 輝夫


望月 輝夫
「建設工事における近隣対策の上手なすすめ方」
→こちらのサイト、
企業解散(公告)新着情報!!
「有限会社建築計画環境問題研究所(東京都港区)解散公告」
→こちらのサイトをご参照ください。




※9年前の(仮称)小石川二丁目マンション建築計画に関する文書

(仮称)小石川二丁目マンション建築計画は、
元々は、清水建設による設計施工でした。
清水建設OBらが設立した
有限会社建築計画環境問題研究所一級建築士事務所が
総合企画と称して近隣交渉を行っていました。

上記文書の標識設置届の連絡先には
有限会社建築計画環境問題研究所の常務取締役が記載されています。

近隣交渉担当者の起こした事件を含め
9年前の(仮称)小石川二丁目マンション建築計画の問題については
別の機会にしますが、
清水建設には
堀坂、六角坂の周辺環境に
十分に配慮していただきたかったです。





 

NIPPOさん、神鋼不動産さん、日建ハウジングシステムさん、安藤ハザマさん、

堀坂、六角坂の周辺住民は
静謐で整然とした小石川の町並みに
ふさわしいマンション建設を求めています。


高さを20メートル以下に下げてください。
堀坂や隣地境界から離隔をとってください。
駐車場出入口を坂が平坦になる位置に移してください。
車寄せを敷地内に設けてください。
ごみ出し場やメインエントランスを車寄せに代用しないでください。
絶対高さ制限を定める高度地区の指定(素案)
小石川二丁目の住居系地域は高さ制限22mに
→こちらの記事、
文京区が開発事業者に伝えた7項目の要望→こちらの記事、
文京区議会平成23年第3回定例会で
小石川二丁目マンション問題が取り上げられました
→こちらの記事、
景住ネットNEWS
「合意なき開発、公益なき再開発で、行政訴訟多発」
で紹介されました
→こちらの記事をご覧ください。

拍手[0回]


twitter.com から引用
PR
【2013/07/03 00:00 】 | 堀坂/開発許可
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>