忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 16:44 】 |
読売新聞 「消えゆく有形文化財 伝統家屋など100件」

www.city.kobe.lg.jpから引用


維持負担 所有者手放す 地元で保存運動も
近世~近現代の歴史遺産の保存・活用が目的の「国登録有形文化財」で、選定された建造物の解体などが100件に達していることがわかった。国宝や重要文化財と比べて規制が緩く、所有者が経済的理由などから手放すケースなどが多く、災害で失われた建造物もある。文化庁は今年度、耐震補強などの費用を補助する制度を導入。遺産の消滅に歯止めをかけたい考えだ。
名酒を育む灘五郷の蔵元の一つに「重ね蔵」(神戸市東灘区)と呼ばれる建物がある。木造2階建て約1000平方メートル。醸造用の蔵と酒蒸しなどの作業用蔵が連なる江戸後期の建築で、2010年に登録された。
しかし、所有する酒造会社の融資の返済が滞り、蔵を含む建物が差し押さえられた。今年3月、神戸地裁での競売で、県内の住宅開発業者が約2億2000万円で落札した。
灘五郷酒造組合などによると、重ね蔵は、1995年の阪神大震災で被災した数十棟の木造酒蔵のうち唯一修復され、酒造りが続く建物という。
取り壊されると登録も抹消されるため、地域住民は6月、開発業者側に建物保存を要望。神戸市に買い取りを求め、今月に入って署名活動を始めた。御影地区まちづくり協議会の藤沢福男会長(93)は「灘五郷の歴史を伝える資産。震災で生き残った建物だけに何とか残してほしい」と話す。
※ 読売新聞 2013年7月27日www.youtube.comから引用


文化庁と、関係する公共団体には、
歴史遺産の保護を強くお願いしたいです。



小石川植物園を守る会
「署名のお願い 小石川植物園の土地1200平方メートルが道路に? 300年の歴史遺産が大幅に削られる危機!」
→こちらの記事、
一葉の伊勢屋質店を残す会
「緊急シンポジウム! ~旧伊勢屋質店の魅力を語る~」
→こちらの記事、
東京新聞
「本郷館今月限り 築100年の下宿」
→こちらの記事、
読売新聞
「『条例で景観保護を』 浅草寺や増上寺など都に要望」
→こちらの記事をご参照ください。







神戸製鋼所さん!
堀坂、六角坂の周辺住民は
静謐で整然とした小石川の町並みに
ふさわしいマンション建設を求めています。



高さを20メートル以下に下げてください。
堀坂や隣地境界から離隔をとってください。
駐車場出入口を坂が平坦になる位置に移してください。
車寄せを敷地内に設けてください。
ごみ出し場やメインエントランスを車寄せに代用しないでください。


原麻里子のグローバルビレッジ
「都市建築問題 ~マンションの供給過剰と建築紛争が起きる理由~」 で六角坂がとりあげられました
→こちらの記事、
文京区が開発事業者(NIPPO 神鋼)に伝えた7項目の要望→こちらの記事、
建築主には説明義務があります!→こちらの記事、
緑地帯を伴う歩行者優先型の道路整備とする→こちらの記事をご覧ください。

拍手[1回]



twitter.comから引用twitter.comから引用twitter.comから引用twitter.comから引用twitter.comから引用twitter.comから引用twitter.comから引用twitter.com から引用twitter.com から引用twitter.com から引用twitter.com から引用twitter.com から引用twitter.com から引用<twitter.com から引用twitter.comから引用twitter.com から引用twitter.com から引用twitter.com から引用twitter.com から引用twitter.com から引用
PR
【2013/07/28 00:00 】 | 歴史的景観と住環境を考える
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>